子育てで大切にしている5つのこと

子育てで大切にしていること

こんにちは、パーソナルトレーナーYurieです。

仕事と子育てに奔走していることもあって、じっくりと子育てについて考える時間は限られているものの、子供の成長はあっという間。考えたり調べたりするうちにどんどん過ぎていってしまうので、できることをしながら、数年先の情報収集をするようにしています。

このブログを読んでくださっている方の中には、フルタイムで働く方もいれば専業主婦、時短勤務、育休中、もしくは妊娠中、妊活中といったいろんな方がいらっしゃると思いますが、私の周りにもいろんなママがいて考えをシェアしあってお互いに助け合ったり、息抜きをしたり、いろんな視点がある方こその学びがたくさんあります。もちろん、仕事があるので頻繁には会えない方がほとんどですが、それでも時間が合えばと誘ってくださるママたちが、私が育児をする上での心の支えでもあります。

FITmomはママのための場所なので、私が子育てをする上で大事にしていることをシェアしてみたいと思います。日々奔走しながら生きていて子育てに関するいろんな情報が溢れかえる中で、こういったことをシェアすることで誰かの気づきになるかもしれませんし、逆にもっとこうしたほうがいいというアドバイスだってあるかもしれません。ただ、生まれも育ちも環境も違う中で100%正しい子育て方法はないと思うし、私も日々模索です。ただ、人間を育てること。そこには重大な責任もあります。簡単なことではない正解がない子育てだからこそ、いろんな考えを知ったりシェアすることが他の価値観を知って自分の価値観を知ったり、といったヒントにもなる気がしています^^

子育ては一人の人間を育てること

私が子育ての根底に持っている価値観は子供を一人の人間ととして接するということ。娘の成長に合わせて方針は少しづつ付け加わっていくと思うけれど、子育てをするこの先何十年もに渡ってベースはこれです。小さな子供でも、

人間対人間の関わりだからこそ、子育ての方法に完璧な答えを求めるのではなくて、子供と一緒に成長して行くことや、親として、家族として何ができるのか、どんな生き方をして欲しいのか。これは常に考えるようにしています。

大事にしている3つのこと

娘が0歳の頃から大切にしているのは

  • 愛情を伝えること
  • くだらないことでも笑える環境を作ること
  • 基本的なことは身につける

という3つです。

学生時代に受けた社会学で家族は社会の最小単位という概念を知ったことが影響しています。高校生までは同じような価値観の友人が周りにいることが当たり前で、留学して自分と違うバックグラウンドの人と関わる中で自分の価値観を改めて知り、それは家族の中で養われたものだと身を持って感じたからです。家族のあり方は年々多様化しているので、私が社会学の授業を受けていた10年以上前からは家族の定義も変化しているかもしれないけれど、コミュニケーションをするのも、愛情を感じるのも、価値観を形成するのも、人と関わることの起点は一緒に生活している家族です。だからこそ、その家庭の中でどういう価値観を身につけて欲しいか。これだけは明確にするようにしています。何か技術を身につけさせることよりも、日々の積み重ねを意識しています。

無理をしないこと

世の中にはいろんな教育法が溢れているし、忙しない日々の中であれやればよかった、こうすべきかな?と迷うこともあります。あんな学校もあるし、こういう教育のがいいのかな、と知れば知るほど選択肢が増えて迷うことも。でも、子育ては1年2年のスプリントで終わるものではなくて最低でも数十年はかかるもの。だからこそ、教育法に悩まされるのではなくて、目の前の自分の子供に向き合っていって、軸となる価値観の形成をしていく。価値観の形成は、日々の積み重ねだからです。そして、親だって人間なので無理はしないこと。長期的に続く子育てだからこそ、うまく付き合っていくことを目標にしています。

子育てで大切にしていること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都心で女性のボディメイク や産後の女性に対して指導するパーソナルトレーナーとして働きながら、子育てをする1児のママ。アメリカ・ミシガン州の大学で運動科学を学ぶ。帰国後はトップアスリートのトレーニング指導などを経て、妊娠出産のため前職を退職。2015年に出産し、2016年より産後の女性のトレーニング指導を開始。