子育て中のママがワークアウトを続けるコツ

ママのためのワークアウト

こんにちは!
パーソナルトレーナーYurieです。

女性にとって妊娠出産というのは人生の大きな節目になりますよね。わたしも子育てがスタートする前と後では生活が想像以上に大きく変わりました。自分のことはなかなか優先できないし、家事育児は日々たくさんのタスクがありますよ。

子供が生まれて以来の好きな時間に自由にジムに行ったり、外に走りに行ったりできない中でワークアウトをどう続けていけばいいのか・・

そんな葛藤がなければパーソナルトレーナーという仕事もしていなかったと思います。それくらい大きなライフイベントでした。

きっと、私以外にも試行錯誤するママはいるはず。なので今回は、子育て中のママが運動を続けるコツについて、実際に私がどうやって続けてきたのかも交えながらシェアします。ちなみにワークアウトは隙間時間にお家でやっています。

新生児(0〜2ヶ月頃)

この時期は出産して体力も奪われ、慣れない授乳にオムツ替え、赤ちゃんが泣いている理由がわからない・・と、育児に必死なママも多いはずです。わたしも夜中全く眠れなかったり、ホルモンバランスが崩れたり睡眠不足も続き、訳もなく涙が出てくる産後うつの一歩手前になりかけたこともありました。

この時期は、体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいだったので、まずはカラダを休めることが第一と考えて、骨盤底筋のエクササイズ(産褥体操やキーゲル体操なんて言われるもの)を気づいたときに数分やる程度でした。もし、分娩に問題がなかったら、ベッドに寝ている間に骨盤底筋を動かしてみるなど、寝たままできる本当に簡単なエクササイズを1-3分くらいでやってみることが推奨されています。分娩方法やカラダの状態によってできることは違うので、あくまで無理のない範囲で、医師の指示に従いましょう。 

産後3ヶ月〜1年頃

少しずつ赤ちゃんの生活リズムが整ってくる場合が多いこの時期。途中、離乳食が始まったり、はいはいやつかまり立ちから歩き出したり、子供の変化も大きい時期ですが、0歳台のワークアウト(エクササイズ)にオススメの時間は、やっぱりお昼寝の時間です。

私は貴重なお昼寝時間で好きな海外ドラマを見ながら、産後エクササイズをしていました。

1歳〜2歳

この時期もまだお昼寝をするので、お昼寝時間が一番まとまった時間ができると思います。私はこの時期から仕事に復帰したので、誰も起きていない早朝にサクッとワークアウトをしていました。(夜型の方は夜に!)。子育てに仕事にやることがいっぱいだった私にとって、コーヒー→早朝ワークアウト→メールチェックの時間は至福のときでした。

3歳から

娘が幼稚園に入り、私はお弁当作りがスタートして朝の時間の確保が難しい日も出てきました。なので、そういう日は、夕方、子供が遊んでいる間などの隙間時間に少しだけやってみたり。

子供が幼稚園に入園に入ったりすると少しまとまった時間ができて、幼稚園に行っている間にワークアウトする方もいらっしゃると思います。(ただ、お昼過ぎに帰ってくるとなると、意外と時間がなかったり!)

まとめ

子供が何歳になっても、育児をしている間は意外と時間がない!これは、ワーママでも専業主婦のママでも同じだと思います。

隙間時間をみつけて続ける

これがママがワークアウトを続けるための一番のポイントです^^

ちなみに

60分のトレーニングを月1回するより
10分のトレーニングを週3回の方が

カラダを変えるためには効果的

と言われているので

隙間時間に続けることが実はカラダを変えるための一番の近道です。

忙しいママでも隙間時間にできる
産後リハビリ・プログラムはこちら

http://www.bysimplybeautiful.com/fitmom/

ママのためのワークアウト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都心で女性のボディメイク や産後の女性に対して指導するパーソナルトレーナーとして働きながら、子育てをする1児のママ。アメリカ・ミシガン州の大学で運動科学を学ぶ。帰国後はトップアスリートのトレーニング指導などを経て、妊娠出産のため前職を退職。2015年に出産し、2016年より産後の女性のトレーニング指導を開始。