食事管理の基本

ボディメイクのための食事管理の基本

食事管理の基本は、お買い物です。自炊の場合は身体作りに適した食材が家になければそもそも食事管理はできませんよね。カラダを作るのは食です。でも、毎日お買い物に行くのは大変。

私も仕事と子育てを両立していることもあって、時短のためにも妊娠中から使い始めた宅配を利用したり、

毎日お買い物が大変なら、宅配を利用しよう

特に出産直後は買い物には行く体力も気力もなく、産後2-3か月まで、ほとんど出来合いのもの、お惣菜と外食で済ませていました。

当時住んでいたマンションの近くにお弁当屋さんがあり、そこでカロリーと栄養の計算されたお弁当を売っていたので(しかもメニューが日替わり)、主人に毎晩のようにそれを買ってきてもらっていたことも。

日中の買い物の多くはネットスーパー。この数年でネットスーパーもすごく進化した印象です。

私が一番多く利用するのはイオンです。理由は、定期配送せずに単発で、思い立った時に必要な分だけ注文できるというシステムが私の性格には合っていたから。妊娠中から頼りっぱなしです。

・おうちでイオン
配送エリア配送料

他にもネットスーパーは

・イトーヨーカドー
配達エリア子育て中は送料100円だそう

・ダイエー
配達エリア配送料などFAQ

・楽天
配送エリア配送料

・東急ストア
(配送エリア・配送料はこちら

・紀伊国屋
(HPのショッピングガイドに配送エリア・配送料の記載が)

数年前よりかなり増えました。それぞれ注文時間などの詳細が異なります。自分のライフスタイルや性格に合ったものがいいですよね。

そしてAmazon

Amazonフレッシュという生鮮食品のサービスにまで進出した、ネット界の帝王Amazon。子供がいる方のほとんどがAmazonPrime会員・・となると、Amazonの一人勝ちではないでしょうか。

Amazon フレッシュ
配送地域や配送料などのFAQはこちら

ちなみに、私の個人的な所感ですが、ネットスーパーだとお野菜は新鮮だったりそうじゃなかったりと波がある感じがして、野菜専門の宅配もオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都心で女性のボディメイク や産後の女性に対して指導するパーソナルトレーナーとして働きながら、子育てをする1児のママ。アメリカ・ミシガン州の大学で運動科学を学ぶ。帰国後はトップアスリートのトレーニング指導などを経て、妊娠出産のため前職を退職。2015年に出産し、2016年より産後の女性のトレーニング指導を開始。